クルーズ




Top > 海外クルーズ船の旅 > 持っていくもの

** 持って行くもの **

* 書類 *

- パスポート
(ビザが必要な場合は、事前に寄港地のビザの取得が必要です)
- 最終書類
(郵送・宅配便で届いたり、E-メールで届いたり、自分でウェブサイトからダウンロードします)
- 航空券 E-チケット
- ホテルのバウチャー

 ★書類はクリアフォルダーに入れておくと、くちゃくちゃにならず、水にも強いです

* 衣類 *

クルーズ船では、夜にドレスコードが指定される日があります。

[ ドレスコード指定日の目安 ]

- 3-5泊 フォーマル 1回
- 5-12泊 フォーマル 2回、スマートカジュアル 1-2回
- 13-16泊 フォーマル 3回、スマートカジュアル 2-4回

この指定のない日は、カジュアルです。

短パン、Tシャツ、サンダル、野球帽というビーチリゾートな格好で、ディナーへ行くのは、カジュアルの日でもダメ、ということになっています。
(たまに、超・ラフな、ゆるい服装の人が、夕食のメイン ダイニング ルームで食事されていますが、あまり感心しませんね・・・)

男性は、
[ラフな服装] Tシャツ、ジーンズ・ジャージ・短パン、スニーカーかサンダル
[カジュアル] ポロシャツ・ボタンと襟のついたシャツ、スラックス、革靴
[スマート カジュアル] ジャケット、スーツ、ワイシャツ、ネクタイ、革靴
(もし、持っていらっしゃたら)
[フォーマル] ダークスーツ・ディナージャケット・タキシード

女性は、
[ラフな格好] Tシャツ、タンクトップ、ジーンズ・ジャージ・短パン、スニーカーかサンダル
[カジュアル] ブラウス、スカート
[スマートカジュアル] ワンピースまたはスーツ
(もし、持っていらっしゃたら)
[フォーマル] カクテルドレス・イブニングドレス・ドレッシーなスーツやワンピース

・・・ということですが、カジュアルなクルーズ船では、指定されているドレスコードよりも、一段階くらい、ゆるい服装でいらっしゃる方が、意外といらっしゃいます。

もちろん、素敵なドレスの女性や、カッコ良くタキシードで決めた男性もいらっしゃって、おしゃれを楽しんでいらっしゃいます。

タキシードレンタルなど、フォーマル服のレンタルサービスをやっている船もあります。
たまには、ドレスアップして、ディナーを楽しみたいですね!

* 旅行用品・小物 *

通常の旅行に必要な物を持って行けば、OK です。

プールや、寄港地で泳いだり、水遊びをするのに、水着は必須です。
ビーチサンダルは、プールや寄港地のビーチだけでなく、船室内での履物としても、重宝します。

海の上は、さえぎるものがないため、陽射しがキツいです。
サングラスは、必須です。

クルーズは旅の期間が長くなります。
爪切りは意外と忘れてしまいがちで、忘れないようにしましょう。
処方薬はもちろんですが、常備薬・絆創膏なども、持って行けば安心です。
(乗船地のドラッグストアで購入しても安いです)

歯磨きチューブや、お気に入りのシャンプー・リンスなどは、日本出発から持って行く、あるいは、乗船地で少し多めに用意しておくと安心です。

もし、足りない物があれば、寄港地のスーパーマーケットで購入すれば、こと足りますし、安いことが多いです。

* あれば便利なもの *
(クルーズ船の船会社・公式サイトでは書いていないが)

- フリーザーバッグ(チャックのできるビニール袋、「ジップロック」)
 何かと役に立ちます。
 特に、寄港地で海へ行くときに、パスポートなどの貴重品は、水に濡れないようにジップロックに入れておけば安心です。

- US$1のお札・1ユーロのコイン
 船の中では、チップを個別に払うことはありませんが、空港や港など、チップの必要な場面がしょっちゅうあります。

- 電子辞書 (スマートフォンの翻訳アプリ)
 夕食はフルコースです。メニューはもちろん英語です。
 食材の名前がわからないと、何を選んだら良いのか、とても困ります。
- ポケットティッシュ/ウェットティッシュ
 日本の物は、良くできています。
 ポケットティッシュが街頭でタダでもらえる国は、そうそうありません・・・

- T-シャツ (できれば多めに)
 船内や寄港地をウロウロするとき、プールや寄港地のビーチで羽織るとき、そして、寝るときに着ても良しです。
 寄港地でその国の国旗や、地名が入った T-シャツは、その場で着てもいいですし、いいおみやげにもなります。

-
 なかなか普段は忙しくて読めないですが、船の中では時間がゆっくり流れます。
 せっかくの機会ですから、本をいろいろと持ち込んで、読みましょう。

- iPod やウォークマン、スマートフォンなど、携帯音楽プレーヤー
 終日航海のときに、プールサイドで自分の好きな音楽をのんびりと聴くのは、良いものです。

- 携帯型ゲーム
 ヒマなときに、ひたすら遊べます。

- 携帯電話
 国際ローミングのサービスを利用して、寄港地から「今ここにいるよ!」と安心してもらうために(あるいは、自慢げに)メールを送るのも、いいものです。

- 名刺
 夕食のときはテーブルが指定されていて、航海中はずっと同じ人たちと同席です。
 自己紹介するときに名刺があると、好印象です。

- タバコ
 船内の免税店で売っていても、高めの価格です・・・。
 日本出国の空港はもちろん、寄港地にある免税店は圧倒的に安いので、そこで仕入れましょう。

- 清涼飲料水(コーラとかの炭酸飲料)・お茶のティーバッグ
 船内で無料の飲物は、コーヒー、紅茶、水、朝食の時のジュースのみです。

- おやつ
 300円まで、と決まっていません (笑)。
 船内の食事(料金に含まれている)で十分にお腹いっぱいですが、好きなものを持ち込むといいと思います。

* 持って行かない方がいいもの *

- お酒
クルーズ船の中では、船の中で提供されるアルコールのみ OK です。
寄港地や船の中で買ったお酒は、下船の時まで預かってもらうことになり、下船時に受け取りです。
日本の免税店で買って、船に持ち込むと没収になります!
預かってもらえませんので、要注意です!

- 石鹸・シャンプー・リンス
客室のシャワールームに備え付けてあります。

- 洗濯ロープ
ランドリーサービスや、船によってはコインランドリー(洗濯機 + 乾燥機)があります。
コインランドリーで必要な小銭 (25セント玉) は、インフォメーションやカジノで両替できます。
洗濯洗剤に洗濯ロープを持って行く必要はありません。

inserted by FC2 system